ジェネリック医薬品について

格安なジェネリック医薬品の正しい知識

日本でも普及が少しずつ広まりつつあるジェネリック医薬品。

 

同成分で同じ効果が得られる画期的な薬であるのに、現在の日本ではまだまだジェネリック医薬品の普及は欧米諸国に遅れを取っています。

 

 

ここではジェネリック医薬品の意味や日本での普及率、使用するメリットについてご紹介します。

 

ジェネリック医薬品で薬代を少しでも節約したいという方はぜひ参考にしてください。

 

後発医薬品とは?ジェネリック医薬品の意味と製造までの流れ

医薬品は大きく2種類に分類されます。

 

先発医薬品

研究・開発を1からメーカーが行って製作される薬。

 

ある病気や症状に対して、改善薬を製作する目的でメーカーが研究・開発を重ねて新薬として発表し、認可取得後、製造・販売が行われます。

 

認可取得のためには、それぞれの国で定められた基準をクリアする必要があり、日本では厚生労働省で定められた厳格な基準をクリアしなければ製造・販売が行われません。

ジェネリック医薬品

後発医薬品と呼ばれ、先発医薬品で研究・開発されたデータや成分、製造方法をそのまま使用して作られます。

 

研究・開発を1から行う先発医薬品では研究費や開発費などのコストが非常に多くかかるため、薬の価格も高額になりますが、ジェネリック医薬品は研究費などのコストを抑えることができるため、格安価格での製造が可能となります。

 

 

新薬として研究・開発を行ったメーカーの利益を確保するため、ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許取得日から20年間は製造・販売が禁止されています。

 

このタイムラグが日本でジェネリック医薬品が普及していない大きな理由となっています。

 

ジェネリック医薬品は安全性について

ジェネリック医薬品よりも先発医薬品の方が効果や安全性といった面で優れていると思っている方が多いようですが、それは誤解なのです。

 

「ジェネリック」とは日本語で「一般的な」という意味があり、高額な先発医薬品と同じ成分で同じ製法を用いて、価格を抑えて作られている非常に優秀な薬なのです。

 

ジェネリック医薬品はすでに開発されて、20年間安全に使用された薬のデータを元に製造されるため、不純物は一切入っておらず、先発医薬品と同じ効果が期待できる薬です。

 

 

また、先発医薬品と同様にジェネリック医薬品の製造・販売を行うためにはそれぞれの国で定められた基準をクリアしなければなりません。

 

つまり、ジェネリック医薬品といえど、製造過程で不備があり、効果が出なかったり、先発医薬品にない副作用が起きてしまうといったケースは非常に少ないと言えるのです。

 

日本には古くから先人を思う心があるため、先発医薬品というブランドに対する安心感と後発医薬品=模倣という誤ったイメージを植え付けているのです。

 

 

ジェネリック医薬品は先発医薬品の良いところをそのままに価格を極限まで抑えた特効薬です。

 

薬の価格が高くて手が出せなかったり、服用を続けられなかったり、1人でも多くの方に薬が行き届くようにと開発された薬なのです。

 

ジェネリック医薬品の普及率

日本でのジェネリック医薬品の普及率は59.0%(2016年時点)です。

 

2014年時点では48.6%であったため、この数字からも近年、日本でもジェネリック医薬品の普及が国内に広がっていることがおわかりいただけると思います。

 

しかし、アメリカでは普及率は90%以上ヨーロッパ各国は80%近い高い水準を保っており、日本は出遅れているといえます。

 

ここが日本でジェネリック医薬品が広まっていない大きな理由で、日本で処方される薬は「先発医薬品」の割合が多いのです。

 

だから病院の薬が高くなっているのです。

 

 

日本では2020年に普及率80%を目標に、政府を中心に動き始めています。

 

海外ですでに認可の下りているものから、海外の製造メーカーとタッグを組んでジェネリック医薬品の開発を行う企業も現れてきました。

 

現在はまだまだジェネリック医薬品に対して不安視する声が多くありますが、数年後、ジェネリック医薬品は日本でも普及し、私達の周りに当たり前のようにある薬となるのです。

 

まとめ

  • 先発医薬品と同じ成分、製法で製造される
  • 先発医薬品の特許取得日から20年経過しないと製造、販売できない
  • 開発費が必要ない分コストが安く済み、価格も安くなる
  • 欧米諸国では80%以上の普及率、日本では60%にも満たしていない
  • 2020年までに普及率80%超えを目標に日本でも活動が活発化している

 

ジェネリック医薬品は、しっかりと効果のある安全性の高い薬です。

 

くすりエクスプレスでも数多く販売されていますが、「個人使用の目的でのみ」利用できるサービス形態であるため、転売等を行うと違法になるので注意してください。

page top